MergeDoc

Eclipse などの IDE は日本語化しても Java 標準 API のメソッドなどにマウスを合わせたときにホバー表示される説明は日本語化されません。これは Eclipse が JDK 付属の Java ソース から Javadoc コメントを取得し表示しているためです。MergeDoc (マージドック) は日本語のホバー表示を可能にするために Java ソースと日本語 API ドキュメントをマージするツール(Java アプリケーション)です。

Eclipse 3.2 以降ではホバー表示は API ドキュメント HTML ソースから取得できるようになったため、ホバー表示のみを使用する場合は、MergeDoc は不要です。JDK のソースを頻繁に参照したり、スタックトレースからジャンプしたりする場合は、コメントが日本語化されるので有用です。


 ダウンロード
MergeDoc 本体
Version 2.1.4
Version 1.2.8

 - 
 - 
Java5 以降用
JDK1.4 以前用
 
Servlet 2.4 API 日本語 ドキュメント
Web で閲覧
zip ファイルでダウンロード
  MergeDoc 2.x.x で jakarta-tomcat-5.x.x-src.zip とマージし、Eclipse などの IDE に添付することで日本語で Servlet 2.4 API を参照することができます。

 ライセンス

EPL


 インストール

ダウンロードしたファイルに含まれる readme.txt を参照してください。


 スクリーンショット

String クラスの startsWith メソッドのコメントをホバー表示

String クラスのソースを表示