Mergedoc
Translation

javax.servlet.http
クラス HttpUtils

java.lang.Object
  上位を拡張 javax.servlet.http.HttpUtils

推奨されていません。 Java(tm) Servlet API 2.3 以降では、これらのメソッドはデフォルトエンコーディング指定で唯一使用され、また、これらの代替メソッドはリクエストインタフェースへ移動されました。

public class HttpUtils
extends java.lang.Object


コンストラクタの概要
HttpUtils()
          推奨されていません。 空の HttpUtils オブジェクトを構築します。
 
メソッドの概要
static java.lang.StringBuffer getRequestURL(HttpServletRequest req)
          推奨されていません。 HttpServletRequest オブジェクトに含まれる情報を利用して、クライアントがリクエストした URL を再構築します。
static java.util.Hashtable parsePostData(int len, ServletInputStream in)
          推奨されていません。 HTTP POSTメソッド、および、application/x-www-form-urlencoded MIME タイプを利用して、クライアントがサーバに送った HTML フォームのデータを構文解析します。
static java.util.Hashtable parseQueryString(java.lang.String s)
          推奨されていません。 クライアントからサーバに渡されるクエリ文字列を構文解析し、キー/値ペアで HashTable オブジェクトを構築します。
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

HttpUtils

public HttpUtils()
推奨されていません。 
空の HttpUtils オブジェクトを構築します。

メソッドの詳細

parseQueryString

public static java.util.Hashtable parseQueryString(java.lang.String s)
推奨されていません。 
クライアントからサーバに渡されるクエリ文字列を構文解析し、キー/値ペアで HashTable オブジェクトを構築します。 クエリ文字列は、フォーム上において、GET もしくは POST メソッドでまとめられた文字列で構成されており、それは、次のペアとの間を & 文字で区切られた各ペアを、キー=値という形式のキー/値ペアで持っています。

クエリ文字列においては、キーは異った複数の値を一回で現すことができません。 しかしながら、ハッシュテーブルにおいて、キーはたった一つしか存在しないものであるため、その値はクエリ文字列より送られた複数の値を含む文字列の配列となります。

ハッシュテーブルにあるキーと値はデコードされた形式で格納されますので、+ 文字は空白に変換され、(%xxのような) 16進数表記で送られた文字はASCII文字へと変換されます。

パラメータ:
s - 構文解析されたクエリを含む文字列
戻り値:
構文解析されたキー/値ペアを元に構築されたHashTable オブジェクト
例外:
java.lang.IllegalArgumentException - クエリ文字列が無効である場合

parsePostData

public static java.util.Hashtable parsePostData(int len,
                                                ServletInputStream in)
推奨されていません。 
HTTP POSTメソッド、および、application/x-www-form-urlencoded MIME タイプを利用して、クライアントがサーバに送った HTML フォームのデータを構文解析します。

POST メソッドで送られたデータには、キー/値ペアが含まれています。 POST されたデータにおいては、キーは異った複数の値を一回で現すことができません。 しかしながら、ハッシュテーブルにおいて、キーはたった一つしか存在しないものであるため、その値は POST メソッドで送られた複数の値を含む文字列の配列となります。

ハッシュテーブルにあるキーと値はデコードされた形式で格納されますので、+ 文字は空白に変換され、(%xxのような) 16進数表記で送られた文字は ASCII 文字へと変換されます。

パラメータ:
len - このメソッドへ渡された ServletInputStream オブジェクトの長さ、すなわち文字数を示す整数値
in - クライアントから送られたデータを含む ServletInputStream オブジェクト
戻り値:
構文解析されたキー/値ペアで構築された HashTable オブジェクト
例外:
java.lang.IllegalArgumentException - POST メソッドで送られたデータが無効である場合。

getRequestURL

public static java.lang.StringBuffer getRequestURL(HttpServletRequest req)
推奨されていません。 
HttpServletRequest オブジェクトに含まれる情報を利用して、クライアントがリクエストした URL を再構築します。 返される URL には、プロトコル、サーバ名、ポート番号、そしてサーバパスが含まれますが、クエリ文字列のパラメータは含みません。

なぜなら、このメソッドは、文字列ではなくStringBuffer 型で返すため、例えば、クエリパラメータを追加する目的で URL を容易に修正することが可能になります。

このメソッドは、リダイレクトメッセージを生成したり、エラーをレポートするのに有用です。

パラメータ:
req - クライアントから要求されたリクエストを含む HttpServletRequest オブジェクト
戻り値:
再構築されたURLを含む StringBuffer オブジェクト

Mergedoc
Translation

Copyright © 2000- The Apache Software Foundation. All rights Reserved.