Mergedoc
Translation

javax.servlet.http
インタフェース HttpServletResponse

すべてのスーパーインタフェース:
ServletResponse
既知の実装クラスの一覧:
HttpServletResponseWrapper

public interface HttpServletResponse
extends ServletResponse

レスポンスの送信に関して HTTP 独自の機能性を与えるために ServletResponse インタフェースを拡張します。 例えば、HTTP ヘッダや Cookie にアクセスするためのメソッドを持ちます。

Servlet コンテナは HttpServletResponse オブジェクトを生成し、それを引数として Servlet のサービスメソッド (doGetdoPost 等) に渡します。

作成者:
Various
関連項目:
ServletResponse

フィールドの概要
static int SC_ACCEPTED
          リクエストが受け付けられたが処理が完了しなかったことを示すステータスコード (202) です。
static int SC_BAD_GATEWAY
          HTTP サーバがプロキシもしくはゲートウェイとして動作している時に、問い合わせたサーバから不正なレスポンスを受け取ったことを示すステータスコード (502) です。
static int SC_BAD_REQUEST
          クライアントから送られたリクエストが文法的に間違っていることを示すステータスコード (400) です。
static int SC_CONFLICT
          リソースの現在の状態が矛盾しているためにリクエストを完了することができなかったことを示すステータスコード (409) です。
static int SC_CONTINUE
          クライアントが続けることができることを示すステータスコード (100) です。
static int SC_CREATED
          リクエストが成功してサーバ上に新しいリソースを生成したことを示すステータスコード (201) です。
static int SC_EXPECTATION_FAILED
          サーバがExpectリクエストヘッダで与えられている期待に添えないことを示すステータスコード (417) です。
static int SC_FORBIDDEN
          サーバがリクエストを理解したがリクエストを完了することを拒絶したことを示すステータスコード (403) です。
static int SC_FOUND
          リソースが異なる URI で他の場所にあることを示すステータスコード (302) です。
static int SC_GATEWAY_TIMEOUT
          サーバがゲートウェイもしくはプロキシとして動作している時に、上位のサーバから時間内にレスポンスを受け取らなかったことを示すステータスコード (504) です。
static int SC_GONE
          リソースがサーバ上でもはや利用可能でなく、かつ転送先のアドレスも分からないことを示すステータスコード (410) です。
static int SC_HTTP_VERSION_NOT_SUPPORTED
          リクエストメッセージに用いられている HTTP プロトコルのバージョンをサーバがサポートしていないかサポートを拒絶していることを示すステータスコード (505) です。
static int SC_INTERNAL_SERVER_ERROR
          リクエストの完了を妨げるような HTTP サーバの内部エラーを示すステータスコード (500) です。
static int SC_LENGTH_REQUIRED
          Content-Lengthが定義されないとリクエストを扱うことができないことを示すステータスコード (411) です。
static int SC_METHOD_NOT_ALLOWED
          Request-Line で指定されたメソッドが Request-URI で識別されるリソースに対して許可されていないことを示すステータスコード (405) です。
static int SC_MOVED_PERMANENTLY
          リソースが新しい場所に永続的に移動したこと、また将来の参照の際にはリクエストに新しい URI を用いるべきであることを示すステータスコード (301) です。
static int SC_MOVED_TEMPORARILY
          リソースが一時的に他の場所に移動したこと、また将来の参照の際にはこのリソースにアクセスする元々の URI を依然として用いるべきであることを示すステータスコード (302) です。
static int SC_MULTIPLE_CHOICES
          リクエストされたリソースが、指定された場所に対応している表現の集合のうちのどれにでも対応することを示すステータスコード (300) です。
static int SC_NO_CONTENT
          リクエストは成功したが返すべき新しい情報はないことを示すステータスコード (204) です。
static int SC_NON_AUTHORITATIVE_INFORMATION
          クライアントから与えられたメタ情報がこのサーバ起源のものではなかったことを示すステータスコード (203) です。
static int SC_NOT_ACCEPTABLE
          リクエストが指定するリソースが、リクエストに指定されているAcceptヘッダの条件を満たすコンテンツを含むようなレスポンスを生成できないことを示すステータスコード (406) です。
static int SC_NOT_FOUND
          リクエストされたリソースが利用可能でないことを示すステータスコード (404) です。
static int SC_NOT_IMPLEMENTED
          リクエストの完了に必要な機能性をHTTP サーバが持っていないことを示すステータスコード (501) です。
static int SC_NOT_MODIFIED
          リソースが利用可能で変更されていないことを条件付きGETが発見したことを示すステータスコード (304) です。
static int SC_OK
          リクエストが正常に成功したことを示すステータスコード (200) です。
static int SC_PARTIAL_CONTENT
          サーバがリソースの部分的なGETリクエストを完了したことを示すステータスコード (206) です。
static int SC_PAYMENT_REQUIRED
          将来利用するために予約されているステータスコード (402) です。
static int SC_PRECONDITION_FAILED
          1つ以上のリクエストヘッダフィールドで与えられた前提条件がサーバでテストされた時に偽と評価されたことを示すステータスコード (412) です。
static int SC_PROXY_AUTHENTICATION_REQUIRED
          クライアントがまずプロキシに対して自分自身を認証しなければいけないことを示すステータスコード (407) です。
static int SC_REQUEST_ENTITY_TOO_LARGE
          リクエストのエンティティの大きさがサーバが処理できる大きさを越えているために、サーバがリクエストを処理することを拒絶していることを示すステータスコード (413) です。
static int SC_REQUEST_TIMEOUT
          サーバを待たせる準備をするまでにクライアントがリクエストを生成しなかったことを示すステータスコード (408) です。
static int SC_REQUEST_URI_TOO_LONG
          Request-URIの長さがサーバが処理できる長さを越えているために、サーバがリクエストを処理することを拒絶していることを示すステータスコード (414) です。
static int SC_REQUESTED_RANGE_NOT_SATISFIABLE
          リクエストされたバイト範囲をサーバが扱うことができないことを示すステータスコード (416) です。
static int SC_RESET_CONTENT
          送信されたリクエストを発生させたドキュメントの表示をクライアントがリセットすべき であることを示すステータスコード (205) です。
static int SC_SEE_OTHER
          リクエストに対するレスポンスを異なるURIから発見することができることを示すステータスコード (303) です。
static int SC_SERVICE_UNAVAILABLE
          HTTP サーバが一時的に過負荷状態で、リクエストを処理できないことを示すステータスコード (503) です。
static int SC_SWITCHING_PROTOCOLS
          サーバが Upgrade ヘッダに従ってプロトコルを切り替えようとしていることを示すステータスコード (101) です。
static int SC_TEMPORARY_REDIRECT
          リクエストされたリソースが一時的に異なるURIに存在することを示すステータスコード (307) です。
static int SC_UNAUTHORIZED
          リクエストがHTTP認証を要求することを示すステータスコード (401) です。
static int SC_UNSUPPORTED_MEDIA_TYPE
          リクエストのエンティティは、リクエストされたメソッドに対してリクエストされたリソースがサポートしていない形式であるために、サーバがリクエストを処理することを拒絶していることを示すステータスコード (415) です。
static int SC_USE_PROXY
          リクエストされたリソースへは Location フィールドで指定されたプロキシを通してアクセスしなくてはいけないことを示すステータスコード (305) です。
 
メソッドの概要
 void addCookie(Cookie cookie)
          指定された Cookie をレスポンスに追加します。
 void addDateHeader(java.lang.String name, long date)
          指定された名称で指定された日付の値を持つレスポンスヘッダを追加します。
 void addHeader(java.lang.String name, java.lang.String value)
          指定された名称で指定された値を持つレスポンスヘッダを追加します。
 void addIntHeader(java.lang.String name, int value)
          指定された名称で指定された整数値を持つレスポンスヘッダを追加します。
 boolean containsHeader(java.lang.String name)
          指定された名前を持つヘッダが既にセットされているかどうかを表す boolean を返します。
 java.lang.String encodeRedirectUrl(java.lang.String url)
          推奨されていません。 バージョン 2.1 以降では、代わりに encodeRedirectURL(String url) を使うようにして下さい。
 java.lang.String encodeRedirectURL(java.lang.String url)
          sendRedirect メソッドの中で使えるように、指定された URL をエンコードします。
 java.lang.String encodeUrl(java.lang.String url)
          推奨されていません。 バージョン 2.1 以降では、代わりに encodeURL(String url) を使うようにして下さい。
 java.lang.String encodeURL(java.lang.String url)
          指定された URL がセッション ID を含むようにエンコードします。
 void sendError(int sc)
          バッファをクリアし、指定されたステータスを使ってクライアントにエラーレスポンスを送ります。
 void sendError(int sc, java.lang.String msg)
          指定されたステータスを使ってクライアントにエラーレスポンスを送ります。
 void sendRedirect(java.lang.String location)
          指定されたリダイレクト先の URL を用いて、クライアントに一時的なリダイレクトレスポンスを送信します。
 void setDateHeader(java.lang.String name, long date)
          指定された名称で指定された日付の値を持つレスポンスヘッダを設定します。
 void setHeader(java.lang.String name, java.lang.String value)
          指定された名称で指定された値を持つレスポンスヘッダを設定します。
 void setIntHeader(java.lang.String name, int value)
          指定された名称で指定された整数値を持つレスポンスヘッダを設定します。
 void setStatus(int sc)
          このレスポンスのステータスコードを設定します。
 void setStatus(int sc, java.lang.String sm)
          推奨されていません。 バージョン 2.1 以降、メッセージ引数の意味があいまいであるためにこのメソッドは推奨されません。 ステータスコードを設定するには sendError を使うようにして下さい。 説明文つきのエラーを送信するには sendError を使うようにして下さい。 このレスポンスにステータスコードとメッセージを設定します。
 
インタフェース javax.servlet.ServletResponse から継承されたメソッド
flushBuffer, getBufferSize, getCharacterEncoding, getContentType, getLocale, getOutputStream, getWriter, isCommitted, reset, resetBuffer, setBufferSize, setCharacterEncoding, setContentLength, setContentType, setLocale
 

フィールドの詳細

SC_CONTINUE

static final int SC_CONTINUE
クライアントが続けることができることを示すステータスコード (100) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_SWITCHING_PROTOCOLS

static final int SC_SWITCHING_PROTOCOLS
サーバが Upgrade ヘッダに従ってプロトコルを切り替えようとしていることを示すステータスコード (101) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_OK

static final int SC_OK
リクエストが正常に成功したことを示すステータスコード (200) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_CREATED

static final int SC_CREATED
リクエストが成功してサーバ上に新しいリソースを生成したことを示すステータスコード (201) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_ACCEPTED

static final int SC_ACCEPTED
リクエストが受け付けられたが処理が完了しなかったことを示すステータスコード (202) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_NON_AUTHORITATIVE_INFORMATION

static final int SC_NON_AUTHORITATIVE_INFORMATION
クライアントから与えられたメタ情報がこのサーバ起源のものではなかったことを示すステータスコード (203) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_NO_CONTENT

static final int SC_NO_CONTENT
リクエストは成功したが返すべき新しい情報はないことを示すステータスコード (204) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_RESET_CONTENT

static final int SC_RESET_CONTENT
送信されたリクエストを発生させたドキュメントの表示をクライアントがリセットすべき であることを示すステータスコード (205) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_PARTIAL_CONTENT

static final int SC_PARTIAL_CONTENT
サーバがリソースの部分的なGETリクエストを完了したことを示すステータスコード (206) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_MULTIPLE_CHOICES

static final int SC_MULTIPLE_CHOICES
リクエストされたリソースが、指定された場所に対応している表現の集合のうちのどれにでも対応することを示すステータスコード (300) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_MOVED_PERMANENTLY

static final int SC_MOVED_PERMANENTLY
リソースが新しい場所に永続的に移動したこと、また将来の参照の際にはリクエストに新しい URI を用いるべきであることを示すステータスコード (301) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_MOVED_TEMPORARILY

static final int SC_MOVED_TEMPORARILY
リソースが一時的に他の場所に移動したこと、また将来の参照の際にはこのリソースにアクセスする元々の URI を依然として用いるべきであることを示すステータスコード (302) です。 この定義は過去の互換性のために残されています。 現在、SC_FOUND が優先される定義です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_FOUND

static final int SC_FOUND
リソースが異なる URI で他の場所にあることを示すステータスコード (302) です。 リダイレクト先が変更される可能性があるので、クライアントは今後のリクエストに Request-URI を使用するべきです (HTTP/1.1) 。 ステータスコード (302) を示す場合は、この変数を使用することをお勧めします。

関連項目:
定数フィールド値

SC_SEE_OTHER

static final int SC_SEE_OTHER
リクエストに対するレスポンスを異なるURIから発見することができることを示すステータスコード (303) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_NOT_MODIFIED

static final int SC_NOT_MODIFIED
リソースが利用可能で変更されていないことを条件付きGETが発見したことを示すステータスコード (304) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_USE_PROXY

static final int SC_USE_PROXY
リクエストされたリソースへは Location フィールドで指定されたプロキシを通してアクセスしなくてはいけないことを示すステータスコード (305) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_TEMPORARY_REDIRECT

static final int SC_TEMPORARY_REDIRECT
リクエストされたリソースが一時的に異なるURIに存在することを示すステータスコード (307) です。 一時的なURIはレスポンスの Locationフィールドで与える べき です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_BAD_REQUEST

static final int SC_BAD_REQUEST
クライアントから送られたリクエストが文法的に間違っていることを示すステータスコード (400) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_UNAUTHORIZED

static final int SC_UNAUTHORIZED
リクエストがHTTP認証を要求することを示すステータスコード (401) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_PAYMENT_REQUIRED

static final int SC_PAYMENT_REQUIRED
将来利用するために予約されているステータスコード (402) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_FORBIDDEN

static final int SC_FORBIDDEN
サーバがリクエストを理解したがリクエストを完了することを拒絶したことを示すステータスコード (403) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_NOT_FOUND

static final int SC_NOT_FOUND
リクエストされたリソースが利用可能でないことを示すステータスコード (404) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_METHOD_NOT_ALLOWED

static final int SC_METHOD_NOT_ALLOWED
Request-Line で指定されたメソッドが Request-URI で識別されるリソースに対して許可されていないことを示すステータスコード (405) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_NOT_ACCEPTABLE

static final int SC_NOT_ACCEPTABLE
リクエストが指定するリソースが、リクエストに指定されているAcceptヘッダの条件を満たすコンテンツを含むようなレスポンスを生成できないことを示すステータスコード (406) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_PROXY_AUTHENTICATION_REQUIRED

static final int SC_PROXY_AUTHENTICATION_REQUIRED
クライアントがまずプロキシに対して自分自身を認証しなければいけないことを示すステータスコード (407) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_REQUEST_TIMEOUT

static final int SC_REQUEST_TIMEOUT
サーバを待たせる準備をするまでにクライアントがリクエストを生成しなかったことを示すステータスコード (408) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_CONFLICT

static final int SC_CONFLICT
リソースの現在の状態が矛盾しているためにリクエストを完了することができなかったことを示すステータスコード (409) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_GONE

static final int SC_GONE
リソースがサーバ上でもはや利用可能でなく、かつ転送先のアドレスも分からないことを示すステータスコード (410) です。 この状態は永続的だと見なすべき です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_LENGTH_REQUIRED

static final int SC_LENGTH_REQUIRED
Content-Lengthが定義されないとリクエストを扱うことができないことを示すステータスコード (411) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_PRECONDITION_FAILED

static final int SC_PRECONDITION_FAILED
1つ以上のリクエストヘッダフィールドで与えられた前提条件がサーバでテストされた時に偽と評価されたことを示すステータスコード (412) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_REQUEST_ENTITY_TOO_LARGE

static final int SC_REQUEST_ENTITY_TOO_LARGE
リクエストのエンティティの大きさがサーバが処理できる大きさを越えているために、サーバがリクエストを処理することを拒絶していることを示すステータスコード (413) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_REQUEST_URI_TOO_LONG

static final int SC_REQUEST_URI_TOO_LONG
Request-URIの長さがサーバが処理できる長さを越えているために、サーバがリクエストを処理することを拒絶していることを示すステータスコード (414) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_UNSUPPORTED_MEDIA_TYPE

static final int SC_UNSUPPORTED_MEDIA_TYPE
リクエストのエンティティは、リクエストされたメソッドに対してリクエストされたリソースがサポートしていない形式であるために、サーバがリクエストを処理することを拒絶していることを示すステータスコード (415) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_REQUESTED_RANGE_NOT_SATISFIABLE

static final int SC_REQUESTED_RANGE_NOT_SATISFIABLE
リクエストされたバイト範囲をサーバが扱うことができないことを示すステータスコード (416) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_EXPECTATION_FAILED

static final int SC_EXPECTATION_FAILED
サーバがExpectリクエストヘッダで与えられている期待に添えないことを示すステータスコード (417) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_INTERNAL_SERVER_ERROR

static final int SC_INTERNAL_SERVER_ERROR
リクエストの完了を妨げるような HTTP サーバの内部エラーを示すステータスコード (500) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_NOT_IMPLEMENTED

static final int SC_NOT_IMPLEMENTED
リクエストの完了に必要な機能性をHTTP サーバが持っていないことを示すステータスコード (501) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_BAD_GATEWAY

static final int SC_BAD_GATEWAY
HTTP サーバがプロキシもしくはゲートウェイとして動作している時に、問い合わせたサーバから不正なレスポンスを受け取ったことを示すステータスコード (502) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_SERVICE_UNAVAILABLE

static final int SC_SERVICE_UNAVAILABLE
HTTP サーバが一時的に過負荷状態で、リクエストを処理できないことを示すステータスコード (503) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_GATEWAY_TIMEOUT

static final int SC_GATEWAY_TIMEOUT
サーバがゲートウェイもしくはプロキシとして動作している時に、上位のサーバから時間内にレスポンスを受け取らなかったことを示すステータスコード (504) です。

関連項目:
定数フィールド値

SC_HTTP_VERSION_NOT_SUPPORTED

static final int SC_HTTP_VERSION_NOT_SUPPORTED
リクエストメッセージに用いられている HTTP プロトコルのバージョンをサーバがサポートしていないかサポートを拒絶していることを示すステータスコード (505) です。

関連項目:
定数フィールド値
メソッドの詳細

addCookie

void addCookie(Cookie cookie)
指定された Cookie をレスポンスに追加します。 2 つ以上の Cookie をセットするためにこのメソッドを複数回呼ぶことができます。

パラメータ:
cookie - クライアントに返す Cookie

containsHeader

boolean containsHeader(java.lang.String name)
指定された名前を持つヘッダが既にセットされているかどうかを表す boolean を返します。

パラメータ:
name - ヘッダ名
戻り値:
指定された名前のレスポンスヘッダが既にセットされていればtrue、そうでなければ false

encodeURL

java.lang.String encodeURL(java.lang.String url)
指定された URL がセッション ID を含むようにエンコードします。 エンコードが不要の場合は指定された URL をそのまま返します。 このメソッドの実装はセッション ID を URL にエンコードするかどうかを決定するためのロジックを含みます。 例えばブラウザが Cookie をサポートしていたり、セッショントラッキングが無効になっている場合は、URL をエンコードする必要はありません。

セッショントラッキングを確実に行なわせるために、Servlet が発行する全ての URLはこのメソッドを通してエンコードすべきです。 そうでなければ、Cookie をサポートしないブラウザでは URL リライティングの処理を行なうことができません。

パラメータ:
url - エンコードする URL
戻り値:
エンコードが必要である場合、エンコードされた URL。 そうでない場合は与えられたそのままの URL。

encodeRedirectURL

java.lang.String encodeRedirectURL(java.lang.String url)
sendRedirect メソッドの中で使えるように、指定された URL をエンコードします。 エンコードが不要である場合は指定された URL をそのまま返します。 このメソッドの実装はセッション ID を URL にエンコードするかどうかを決定するためのロジックを含みます。 このメソッドが encodeURL メソッドとは別になっているのは、この決定をするための規則が通常のリンクをエンコードするかどうかを決定する規則と異なることがあるからです。

HttpServletResponse.sendRedirect メソッドに送られる全ての URL はこのメソッドを通すべきです。 そうでなければ、Cookie をサポートしないブラウザでは URL リライティングの処理を行なうことができません。

パラメータ:
url - エンコードする URL
戻り値:
エンコードが必要である場合、エンコードされた URL。 そうでない場合は与えられたそのままの URL。
関連項目:
sendRedirect(java.lang.String), encodeUrl(java.lang.String)

encodeUrl

java.lang.String encodeUrl(java.lang.String url)
推奨されていません。 バージョン 2.1 以降では、代わりに encodeURL(String url) を使うようにして下さい。

パラメータ:
url - エンコードする URL
戻り値:
エンコードが必要である場合、エンコードされた URL。 そうでない場合は与えられたそのままの URL。

encodeRedirectUrl

java.lang.String encodeRedirectUrl(java.lang.String url)
推奨されていません。 バージョン 2.1 以降では、代わりに encodeRedirectURL(String url) を使うようにして下さい。

パラメータ:
url - エンコードする URL
戻り値:
エンコードが必要である場合、エンコードされた URL。 そうでない場合は与えられたそのままの URL。

sendError

void sendError(int sc,
               java.lang.String msg)
               throws java.io.IOException
指定されたステータスを使ってクライアントにエラーレスポンスを送ります。 サーバはデフォルトでは指定されたメッセージを含む HTML 形式に従ってサーバエラーページのレスポンスを生成し、コンテントタイプを "text/html" に設定し、Cookie と変更されていないその他のヘッダを残します。 Web アプリケーションにおいて、渡されたステータスコードに対応するエラーページが宣言されている場合は、宣言されているエラーページが与えられた msg 引数に優先して返されます。

レスポンスが既にコミットされている場合、このメソッドは IllegalStateException をスローします。 このメソッドを使った後は、レスポンスはコミットされたと考えるべきで、レスポンスに書き込みを行なうべきではありません。

パラメータ:
sc - エラーステータスコード
msg - 説明文
例外:
java.io.IOException - 入出力例外が発生した場合
java.lang.IllegalStateException - レスポンスが既にコミットされている場合

sendError

void sendError(int sc)
               throws java.io.IOException
バッファをクリアし、指定されたステータスを使ってクライアントにエラーレスポンスを送ります。

レスポンスが既にコミットされている場合、このメソッドは IllegalStateException をスローします。 このメソッドを使った後は、レスポンスはコミットされたと考えるべきで、レスポンスに書き込みを行なうべきではありません。

パラメータ:
sc - エラーステータスコード
例外:
java.io.IOException - 入出力例外が発生した場合
java.lang.IllegalStateException - このメソッドが呼ばれる前にレスポンスが既にコミットされている場合

sendRedirect

void sendRedirect(java.lang.String location)
                  throws java.io.IOException
指定されたリダイレクト先の URL を用いて、クライアントに一時的なリダイレクトレスポンスを送信します。 URL としては相対 URL を指定することができます。 従って、Servlet コンテナは相対 URL を絶対 URL に変換しなくてはいけません。 指定された場所が '/' から始まらない相対表記である場合、コンテナは現在のリクエストURIからの相対表記であると解釈します。 指定された場所が '/' から始まる相対表記である場合、コンテナは Servlet コンテナのルートからの相対表記であると解釈します。

レスポンスが既にコミットされている場合、このメソッドは IllegalStateException をスローします。 このメソッドを使った後は、レスポンスはコミットされたと考えるべきで、レスポンスに書き込みを行なうべきではありません。

パラメータ:
location - リダイレクト先の URL
例外:
java.io.IOException - 入出力例外が発生した場合
java.lang.IllegalStateException - レスポンスが既にコミットされている場合、または部分的な URL を指定して有効な URL に変換できない場合

setDateHeader

void setDateHeader(java.lang.String name,
                   long date)
指定された名称で指定された日付の値を持つレスポンスヘッダを設定します。 日付はエポックからの経過ミリ秒で指定されます。 このヘッダが既に設定されている場合は上書きされます。 値を設定する前にヘッダが存在するかどうかを調べるには containsHeader メソッドを用いることができます。

パラメータ:
name - 設定するヘッダの名称
date - 設定する日付の値
関連項目:
containsHeader(java.lang.String), addDateHeader(java.lang.String, long)

addDateHeader

void addDateHeader(java.lang.String name,
                   long date)
指定された名称で指定された日付の値を持つレスポンスヘッダを追加します。 日付はエポックからの経過ミリ秒で指定されます。 このメソッドを用いることで複数の値を持つようなレスポンスヘッダを設定することができます。

パラメータ:
name - 設定するヘッダの名称
date - 追加する日付の値
関連項目:
setDateHeader(java.lang.String, long)

setHeader

void setHeader(java.lang.String name,
               java.lang.String value)
指定された名称で指定された値を持つレスポンスヘッダを設定します。 このヘッダが既に設定されている場合は上書きされます。 値を設定する前にヘッダが存在するかどうかを調べるには containsHeader メソッドを用いることができます。

パラメータ:
name - ヘッダの名称
value - ヘッダの値。オクテット文字列が含まれる場合は RFC 2047 に従いエンコードされるべきです。 (http://www.ietf.org/rfc/rfc2047.txt)
関連項目:
containsHeader(java.lang.String), addHeader(java.lang.String, java.lang.String)

addHeader

void addHeader(java.lang.String name,
               java.lang.String value)
指定された名称で指定された値を持つレスポンスヘッダを追加します。 このメソッドを用いることで複数の値を持つようなレスポンスヘッダを設定することができます。

パラメータ:
name - ヘッダの名称
value - 追加するヘッダの値。オクテット文字列が含まれる場合は RFC 2047 に従いエンコードされるべきです。 (http://www.ietf.org/rfc/rfc2047.txt)
関連項目:
setHeader(java.lang.String, java.lang.String)

setIntHeader

void setIntHeader(java.lang.String name,
                  int value)
指定された名称で指定された整数値を持つレスポンスヘッダを設定します。 このヘッダが既に設定されている場合は上書きされます。 値を設定する前にヘッダが存在するかどうかを調べるには containsHeader メソッドを用いることができます。

パラメータ:
name - ヘッダの名称
value - 割り当てられる整数値
関連項目:
containsHeader(java.lang.String), addIntHeader(java.lang.String, int)

addIntHeader

void addIntHeader(java.lang.String name,
                  int value)
指定された名称で指定された整数値を持つレスポンスヘッダを追加します。 このメソッドを用いることで複数の値を持つようなレスポンスヘッダを設定することができます。

パラメータ:
name - ヘッダの名称
value - 割り当てられる整数値
関連項目:
setIntHeader(java.lang.String, int)

setStatus

void setStatus(int sc)
このレスポンスのステータスコードを設定します。 このメソッドはエラーが発生しない場合のリターンステータスコード (例えば SC_OK や SC_MOVED_TEMPORARILY といったステータスコード) を設定するのに用いられます。 エラーが発生した場合で、Web アプリケーションに定義されている error-page を呼び出したい場合はこのメソッドの代わりに sendError メソッドを用いて下さい。

コンテナはバッファをクリアし、Cookie と他のヘッダを保存しつつロケーションヘッダを設定します。

パラメータ:
sc - ステータスコード
関連項目:
sendError(int, java.lang.String)

setStatus

void setStatus(int sc,
               java.lang.String sm)
推奨されていません。 バージョン 2.1 以降、メッセージ引数の意味があいまいであるためにこのメソッドは推奨されません。 ステータスコードを設定するには sendError を使うようにして下さい。 説明文つきのエラーを送信するには sendError を使うようにして下さい。 このレスポンスにステータスコードとメッセージを設定します。

パラメータ:
sc - ステータスコード
sm - ステータスメッセージ

Mergedoc
Translation

Copyright © 2000- The Apache Software Foundation. All rights Reserved.